あせりは禁物

袴田もあせることがあります。
 
 
それは
 
 
今日の自分に課したノルマを達成できなかった時です。
 
 
 
「おし。今日はこれをやろう!」
 
 
と思っても
なかなか予定通りできない時が
よくあります。
 
 
昔は
ノルマを達成できないと
 
 
「ああ、どうしよう。間に合うかしら。」
 
 
と不安に陥ったものでしたが
 
 
経験を積んでくると
 
 
どれが「間に合うか」
 
または
 
どれが「間に合わないか」
 
 
わかってきます。
 
 
 
え。そんな勘で平気かって?
 
 
 
袴田は
自分で言うのも
こっぱずかしいですが
仕事が迅速です。
 
 
迅速すぎて
お客様にびっくりされることも(汗)
 
 
 
それは商社時代培った
「クイックリスポンス」
の精神から来ています。
 
 
 
ですから
元々迅速すぎるので
お客様に合わせて
ゆっくり作業をすすめることも
この仕事で覚えました。
 
 
 
人と人との間の事ですから
歩調を合わせるのも
とっても大事。
 
 
それがわかってから
あまりノルマが達成できなくても
あせらなくなりました。
 
 
だってそれは
 
「仕事をためないように」
 
自分で自分に
勝手に課した
ノルマだからです。
 
 
 
お客様に
 
「この日までにやって!」
 
と言われれば
 
 
できるものだったら
約束は守ります。
 
 
できないものだったら
説明し、
納得していただけたなら
受任しますが
納得していただけなければ
お断りします。
 
 
 
やりとりでも
なんでも
 
 
人間は
「自分本位」の考えやテンポ
を押し通す
だけでは
いけないと思います。
 
 
その一方で。
 
 
こういう仕事ですから
言わねばいけないことも
言わなきゃいけません。
 
 
人と人との
間のことですから
やはり
コミュニケーションって
大事なんだなァ
 
 
 
 
まえにも増して
 
 
仕事においても
プライベートにおいても
 
 
感じる今日このごろです。