相続諸事情

相続手続きって
簡単なケースはよしとしても
レアケースの場合は
意外と
難しいのです。
 
 
というのは
窓口の人がわかってない
ケースが多いからです。
 
法律のことまでわかってる人は
まず窓口にはいないので
レアケースには対応ができないのですね。
 
「こういう場合って
誰に委任状書いて貰うのが正しいですかね。。」
 
とハカマダに逆に聞かれることも。
 
 
これが一般の方だと
どーなるのだろう、と思ってしまいます。
 
 
賢い窓口の人なら
「調べてご連絡します。」
と言ってくださることでしょうが
 
「う~。」
 
とたまにその場で
自分で判断しようとする窓口の人は少しこまります。
 
 
時間が無駄だからです。
 
 
ハカマダは
 
「こういう場合はこういう
手続きが正しいと思われますが
本店の法務部に問い合わせして
確認されてから私に
ご連絡ください。」
 
と言い置いて一旦帰ります。
 
 
まずその人だけの頭で考えるのでなく
(無駄なので)
「正しい知識」を
身内(社内)から教えて貰うよう示唆するわけです。
 
 
ハカマダが話しても
向こうのメンツもあります。
 
「この人に全部教えて貰うわけにはいかないし。。。」
とこまった顔されるのがオチなので
一辺ハカマダの主張を言ったあとは
すんなり帰るわけです。
 
 
 
その後
 
ほどなく連絡があるわけですが
相続では
本当の手続きの他に
こういう「無駄な」手続きが
あることが多し。
 
 
ですから
時間がかかるんですね~
 
 
結構
「相続疲れ」されてる方が多いのは
相続人間の争い以外にも
そういう手続き面にも
問題があるんですね(^.^)b