しみじみハカマダ

昨日古物商許可の関係で警察に行って申請をしてきたハカマダ。
 
 
いつもの許可を受け付ける部屋は
 
 
誰かいたようで
 
 
違う会議室に。
 
 
 
 
都道府県をまたがる許可の書換と営業所の廃止、経由警察の変更、役員変更という案件でした。
 
 
本店で申請した案件と経由警察で申請した案件が
同じでなければならないのですが
 
 
度重なる代表者、役員の変更をしていたため
かなり複雑化していた案件だったので
 
 
警察の担当の方と
 
 
「うーむ。」
 
 
と現状とデータをチェック。
 
 
その後
申請はクリアでき
 
 
免許の書換を待っている間
 
 
元々の申請を受け付ける部屋から声が
 
 
 
どうやら何か問題があったらしく
 
警察に呼び出された若い女の人が
 
 
「あんたらさー。そおんなこといったって◎▲□でしょおーがッ!」
 
 
と細かい話は聞こえませんでしたが
かなり強い口調で何かを
と反論しているようでした。
 
 
相手になっている警察の人は淡々と
話していましたが
 
 
「そうか。防犯課と生活安全課はだいたい隣にあるからなァ
 
 
 
と許可とか申請関係でしか警察にこないハカマダは
 
 
しみじみと
 
 
「警察も大変だなァ。仕事はなんでも大変なんだよなァ。」
 
 
と改めて実感。
 
 
 
行政書士として役所に行ってると
 
許可業務だけしか関係しなかったりするのですが
 
 
それでもいろんな許可があり
 
 
役所の人といろいろな話をしているうちに
いろんな役所の面、ひいては世間事情を見たりします。
 
 
結構世の中の仕組みがわかる仕事なんです
 
 
 
自分の世界だけでなく
 
いろんな視点から
 
いろんなこと見れるようになったので
 
 
 
この仕事をしてよかったな、と思うのはそういう部分でもあります